Read, See & Think
埼玉県立和光国際高等学校
                          〒351-0106 埼玉県和光市広沢4-1
                           TEL  048(467)1311   FAX 048(460)1018
                           Eメールでのお問い合わせはメニューの「問い合わせ先・地図」を
                           ご参照ください
 
メニュー
和国ホームページへようこそ校長室より入試および学校説明会関係和国通信学科案内国際理解教育進路室より学力向上に対する取組図書視聴覚保健室より和国民の活動(生徒会のページ)保護者あて配布文書(全校・各学年等)学校自己評価システムシート教員人事応募シートいじめの防止等について教科書選定・使用教科書について過去の出来事事務室より同窓会報問い合わせ先・地図
お知らせ
「治癒報告書」 
 
「治癒報告書」の用紙を用意いたしました。
 
インフルエンザ等で「治癒報告書」の提出が
必要な方はこちらからダウンロードをお願い
します。
 
埼玉県教育委員会
事務室からのお知らせ
卒業証明書・調査書等の発行にはある程度の日数が必要です。メニューの「証明書の発行について」をご覧のうえ、日程に余裕を持って申請をお願いします。
 
あなたは2515047人目の方です。
since Dec.13, 2010
カケハシプロジェクト 2017
カケハシプロジェクト
2017/12/25

カケハシプロジェクト 帰国報告会

| by:editor


Almost American people has a gun today. Because They think they have to protect themselves.
Compared to that Japanese people must not have a gun by japanese law. In japan  few special profession allow to have a  gun. For example, police and self Defence Forces . They have a gun to protect japanese safety.

現在 アメリカ人のほとんどの人が銃を 所持しています。彼らは自分の身は自分で守らなければならないと考えているからです。
それに比べて日本は、法律上銃の所持は禁止されています。日本では、特別な職種の人は銃の所持を許されています。例えば、警察や自衛隊などです。彼らは、日本の安全性を守るために、銃を所持しています。



性格
Japanese have deliberate nature compared to American.For example,People classify garbage into many ways.Also they basically bring their garbage to their home or put them in trash cans.
They can be associated with why Japanese cities are famous on cleanness.

日本はアメリカと比べると丁寧で繊細な性格をしています。例えばゴミの細かい分別や基本的にゴミを家に持ち帰ったりゴミをちゃんとゴミ箱に捨てたりする点です。これらはなぜ日本の街が綺麗という点で有名なのかに結び付けて考えられることができます。



交通機関
I realized that we are living in blessed environment.
For example,Trains come to the station on time almost everyday in Japan. But we hear that trains often are late in US.
In addition,we have the priority seats which are called Yuusennseki for the elder and pregnant in Japanese public transports.
But there were no determined priority seat in US so people have to give over the seat when they saw the elder,pregnant women and children.
日本とアメリカの間には環境の機能的な面で違いがあります。
例えば日本の電車はほとんど毎日遅れずに駅に来ます。でも、アメリカではしばしば電車は遅れてくると聞きました。
また、日本の交通機関には優先席と呼ばれるお年寄りや妊婦さんのための席があります。
ですがアメリカには決められた優先席はなく人々はお年寄りや妊婦さんまた子供を見かけたら席を譲る必要があります。
このプロジェクトを通じて、私達は恵まれた環境のもとで過ごしているのだと気づきました。





年長者
For japan, people usually think that older person should be respected. the typical example is that respect gamma.  that's is one of the biggest differences bettwen japan and us.
American usually have priority over children. For example, when they get on the train or bus, they give the seats to children. Children are important for them because they believe that children are their future. Children have responsibilities to build the future.
日本において、普遍的な考えであるお年寄りに優しいという考え方はアメリカでは顕著に現れていませんでした。日本の文化において、先輩や年寄りを必要以上に尊敬し、代表的例である敬語があります。これが日本の考え方です。
アメリカでは普通子供を優先させます。例えば電車やバスに乗った時、よく子供に席を譲ります。アメリカでは子供たちが将来を担っているという考え方があるので、子供たちは大切な存在です。アメリカの子供たちには未来を創る責任があります。

 


多様性
We chose three topics. There are diversity, the different points of view, and the come and go of people and merchandise.
First, I will talk about diversity. I saw people in America talked in many different languages and we realized that America is country that is made from diverse things. In order to exemprify this, at the restraunt there has for religion reason and vegetalian. But it is the culture that we don’t have in Japan. I heard from my ALT and he is muslim, so he sometimes can’t eat at the school cafeteria because of these reasons.  I thought we have to think about it more, Japan  can be a better country for all people.
私たちのグループは多様性、考え方の違い、人や物の行き来の3つのテーマに絞りました。
まず初めに、多様性について話します。私はたくさんの言語を話すアメリカの人々に会い、アメリカは様々な人や物でできている国なのだと実感しました。そのよい例となるのが、レストランでの宗教的な理由やベジタリアンのための食事です。しかしこれは日本にはない文化です。私は以前ムスリム(イスラム教徒)であるALTからこれらの理由で学食でご飯を食べることができない時があると聞いたことがあります。私たちはもっとこれらのことについて考えることで日本をよくすることができると思いました。

Also we saw many foreign country’s foods that came from all over the world in America.For example,Mexican,Chinese,Korean,and Japanese foods.We could eat lots of different country’s foods with ease.However in contrast Japan,only in the big cities have that kinda shops.
There are many people in America who has different cultures because America is a big country  that has a great diversity.To communicate more with America,we Japan have to have more shops of these.

American restaurants’ water’s customers services are misk. For example, water don’t come when we have until we call them. However in Japan most of the waters notic immediately and come.With that being said, we can say that American waters are not considerate as Japanese In addition American clerks of restaurants were eating something or using cellphones while working.Those scene can’t be seen in Japan. If we do those things in Japan, the clerk will be fired. I saw American water’s handling dishes without carrying that much. That is dangerous. Japanese waters do not do such things. From this, we can iffer that Americans way of thinking is that customer and water are equal. However, Japanese thoughts are customers position is higher than water.
私たちはアメリカのレストランの接客は雑だと思いました。例えば、ほとんどのウェイターは私たちが呼ばないと例えなにかが足りなかったとしても気づかずきてくれませせん。しかし、日本ではほとんどのウェイターが気づいてやってきてくれます。さらにアメリカの店員は仕事中になにかを食べていたり携帯を使用していたりしました。日本では見られない光景できた。もし日本でそのようなことをしてしまったらクビにされてしまうでしょう。また私たちは注意力に欠けたお皿の運び方をしているウェイターも見かけました。例えばお箸やフォーク、ナイフなどをコップの中に入れて運んだりすることです。日本人のウェイターはきっとしないはずです。とても危険だからです。これらのことから私たちは、アメリカではお客さんと店員は対等であり、日本のお客さんを店員より目上に扱うという考えとは違うということがわかりました。



I will talk about grocery store, hotel and bathroom.
First we found some different things between grocery store of the United States and that of Japan. Japanese store’s shelves are always filled with new items and displayed tidy besides cleanly and also have signs that tells where items they are.However American store is not frequently repaired and usually don’t have sign so Japanese store excel in service.
At register in the United States, we sometimes found that register being crowded. The course is that clerk are checking slowly even many people are lining up.
It is kind of characteristic of American but if it happen in Japan, clerk would hurry up.
About packaging, clerk put things bigger or heavier before, then smaller or lighter things are put. It is for avoiding to break item. And they give customer book cover or extra bags with kindness or consideration.
Second there are differences between hotel in the United States and Japan.In case of power outage, customer should have changed to the other room, it is hotel’s fault but the worker didn’t apologize to the customer. That’s unbelievable in Japan.
Lastly to say something about bathroom, in the United States, dirt or trash are seen. However in Japan, case like this is rare and Japanese use bathroom carefully thinking about next person and garbage collector or clerk clean there carefully a lot.
スーパーやホテル、トイレについて話します。
はじめに、私たちはアメリカのスーパーと日本のスーパーとの違いを見つけました。日本のお店の棚はいつも新しい商品でうめられていて、整頓されていて、きれいです。さらに、どこに商品があるのかが示されている表示もあります。しかしアメリカのお店は頻繁に準備されておらず、たいてい表示もありません。そのため日本のお店はサービスという点において優れています。
会計の際、アメリカでは時々込み合っている様子が見られます。それはたくさんの人が並んでいても店員がゆっくり会計をしているからです。これは一種のアメリカ人の特徴でもありますが、もし日本で会計にたくさんの人が並んでいたら、店員は急ぐでしょう。
袋詰めについては、店員は大きいものや重いものを先に入れ、それから小さいものや軽いものを入れます。これは商品が破損するのを防ぐためです。そして親切心や配慮から、ブックカバーや余分な袋を渡します。
次にアメリカのホテルと日本のホテルにも違いがあります。部屋で停電が起き、客が違う部屋に移動しなければならなくなった時、それはホテル側の非であったのにもかかわらず、従業員は謝罪をしなかったということがありました。これは日本ではありえないことです。
最後に、トイレについていうと、アメリカでは汚れやごみが見られます。しかし日本ではこのようなことは珍しく、日本人は次の人のことを考えてトイレを利用します。更に清掃員や従業員が注意深く清掃します。



Nowadays a lot of Japanese companies are expanding into oversaes.For example,Honda,Mitsubishi UFJ financial group,and Sumitomo corporation etc. These companies employ many American and work in corporate with.
We visited Ellis island.There is immigration museum.This museum has a lot of photos of immigrant.Also there are some documents about Japanese.Some Japanese have immigrated to America since old days.
We thought that it was the start of sharing goods,skills,culture and bring back new things.
Now America and Japan are good business partner.We guess continuing come and go between Japan and overseas not only to deepen friendship with various countries but also to enrich Japan.
現在多くの日本企業が海外に進出してします。例えば、ホンダや三菱東京UFJフィナンシャルグループ、私達が訪問した住友商事などがあります。これらの企業は多くのアメリカ人を雇い協力して運営をしています。
私達はエリス島にも訪れました。エリス島には移民博物館があります。そこにはアメリカに入ってきた移民の写真などの資料があり、日本人の写真もありました。
私達は日本人は昔からアメリカ人と物資や文化を交換し、また、その交流によって新しいモノを日本に伝えていたのではないかと考えました。今では日本とアメリカはとても良いビジネスパートナーとなっています。私達はこの交流を続けることで他国との親睦を深めるだけでなく、海外からの新しいモノによって日本を豊かにしていくことができると思います

 




学校生活
We learned about the good point and differences in their school life between Japanese and American students.
At first, we’d like to talk about the differences.
”学校生活における日本とアメリカの生徒たちのそれぞれの良さ・違い”を学ぶことができました。まず、違いについてお話します。

We, Japanese students, clean their own class rooms or others we offered from teachers. Compared with this, American students don't clean their schools because the janitors do. Instead, they have a lot of free time after school.
Then, in Japan, you know, we have a class. This cannot be changed so often, and the classmates are same in whole year. However in America, students change their rooms in almost every class and also have a different classmates. Namely they take classes that they need.
日本の生徒は, 生徒自身がそれぞれの教室や、割り当てられたところを掃除します。それに対して、アメリカの生徒は掃除をしません。なぜなら清掃員が行うからです。その代わり、彼らは放課後に沢山の自由な時間を設けることができます。また、日本は、あなたたちがそうであるように、クラスがあります。これはほとんどの授業で変わることはなく、クラスメートは一年間常に同じです。しかしアメリカは、各授業ごとに教室を移動し、クラスメートも変わります。つまり個人で自分に必要な授業を受けに行くのです。


We found the cooperative personality  from Japanese side, and autonomy personality from American side trough these differences.
For instance the habits of Japan like “to clean their own schools” or “having a classes” make an opportunity to get abilities that do something with other people, then habits of America like “having free time” or “take a class themselves” make students to have an original opinions for each person.
私たちはこの "掃除をする・しない" や、"授業の形態"の違いから、日本では協調性、アメリカでは自主性という良い点を見つけ出しました。何故なら、日本の”掃除をする” ”クラスがある” という習慣は、仲間と協力して何かを行うこと、また、アメリカの”自分の時間を持つ” ”個人で授業を受けに行く” という習慣は生徒一人一人が自分の考えを持つ事に繋がるからです。

These are both significant things. Nevertheless, these culture differences sometimes make a gap for each other. Therefore we think to take communicate mutually is important.  This tool is already used for American students to understand about their backgrounds.
 Also it will be essential skills in resent global society.
Not only for it, Anime, the popular Japanese subculture, can also uses to reduce the differences and to connect society, like KAKEHASHI.
これらのことはとても大切です。しかしこの文化の違いは時折ギャップを生み出します。だから、互いにコミュニケーションを取ることが大切だと私たちは考えます。この手段はすでにアメリカの学生たちが互いのバックグラウンド(生い立ちや歴史)を理解するために使用していました。今後のグローバル社会においても、このスキルは大切だと思います。
さらに、日本ならではのサブカルチャーであるアニメを利用し、国と国とを繋ぐツール、つまりカケハシにするとよいのではと考えました。

Today, we live in international and global society. We have a lot of differences and we need to understand the diversities of each countries,because we are sharing the earth. We have to accept these differences to cooperate then it will be the way to make better world.
今日、私たちは国際社会かつグローバルな社会を生きています。そこにある私たちの沢山の違いを受け入れなければなりません。私たちは地球をシェアしています。より良い世界を作るためにお互いの違いを受け入れ、分かり合うことが大切だと思いました。

In the action plan, we infer to publish the good point about Japan or school lifes at our schools homepage. This is because it could show about the differences between other countries for students in our schools, next generations, and many people in the world if we share the homepages.
アクションプランとして、私たちは、学校のホームページに日本の良さや、学校風景などを掲載することを考えました。これを行うことにより、私たちの学校の生徒だけでなく、今後入学してくる後輩たち、さらにはホームページをシェアすることによって世界中の人々に日本と各国との違いをもっとよく知ってもらう事が出来るからです。





多文化共生
Hello,we went to New york for a week.We saw a lot of advertisement of Japanese company in New York. And we felt that the security of New York is very strict.Today we would like to tell you about our experiences in New York and the reason why Japanese culture has been selected by New York, the many culture symbiosis society.
こんにちは 私たちは一週間ニューヨークにいってきました。私たちはニューヨークで日本企業の広告を目にすることがたくさんありました。またニュ-ヨークのセキュリティの厳しさを感じました。今日は私たちのニューヨークでの経験と日本文化がニューヨークという多文化共生社会で選ばれている理由を発表したいと思います。

New York is a very diverse. There are many people and a lot of multinational companies from all over the world there. Under such circumstances Over 800 Japanese companies stand there .
Uniqlo is one of them. As you know, Uniqlo is a Japanese fast fashion clothes company.We often saw the stores in the shopping malls.And surprisingly,when we visited Times Square,there was a Uniqlo shop. Why it stands such a major place in NY? The concept of the Fast fashion is the low-cost. But compared with other companies, Uniqlo is not only low-cost but also very high quality. I think Japanese products with good quality  are appreciated by many New Yorkers



食文化
During our stay, we often see sushi shops in the city and also there were sushi in the cafe of United Nations and Statue of Liberty. We recognized this so we think about why sushi is very popular in the US.
 滞在中、たまに街中で寿司ショップを見かけ、また国際連合や自由の女神内のカフェにも寿司がありました。私たちはこういうことに気が付いたので、なぜ寿司がアメリカでとても人気なのか、について考えてみました。

 There are two main reasons of that, first one is sushi is healthy, have low calorific value. The US people they usually eat food containing high calorific value like humbergers, pizzas, stakes, etc. Therefore the percentage unhealthy people used to be high in America but I heard recently American people think about their health so they get to eat something healthy food. And one of them is sushi.
 そこには2つの主な理由があります。1つめは寿司がヘルシーであり、低カロリーだからです。アメリカの人々は普段、ハンバーガーやピザ、ステーキなどの高カロリーな食事をとります。それゆえかつては不健康な人々の割合が高かったのですが、最近彼らは健康について考えるようになっているそうので、健康な食事をとるようになっています。そしてそのひとつが寿司なのです。

 Not only sushi but also any other washoku is very healthy, containing many vegetables and low-salt. Also washoku is one of World Heritage now, this means many world people appreciate washoku.
 寿司だけでなく他の和食もたくさんの野菜を含み、塩分が少ないためとてもヘルシーです。また、今和食は世界遺産のひとつです。これは世界の多くの人々が和食を評価しているといえます。

 Second one is it’s easy to eat. You don’t have to use chopstickswhen you eat sushi. You can use your hands. This easy point is one of the reason why sushi is accepted by NY people.
 2つめの理由は食べるのが簡単だからです。寿司を食べる際、箸を使う必要がありません。手を使って食べれるのです。この簡単な点が、寿司がニューヨークの人々に受け入れられている理由です。


 Because of these reasons, we can see that Japanese food, washoku especially sushi is loved by NY. We, Japanese should be proud of our dishes more because this Japanese attraction is wonderful!!
 これらの理由より、和食、特に寿司はニューヨークに愛されていることがわかります。私たち日本人は、この日本の魅力がとても素晴らしいのでもっと誇りを持っていくべきでしょう!



セキュリティー
Next I'd like to talk about how strict the security is in the United States. We visited the United Nations and the Statue of Liberty.
次にニューヨークのセキュリティの厳しさについて話します。私たちは国連本部と自由の女神を訪れました。

At both of them we all got baggage check at strictly as at the airport. It took a couple of minutes but I felt very safe for that.
私たちは荷物チェックを空港と同じくらい厳しくそれらの二つの場所で受けました。 少し時間はかかりましたが同時に安心しました。


Also, before entering  Bayside High School, we wrote our names at the entrance to identify ourselves. And the school had some guards.

またベイサイド高校に入る前には 入り口で名前を書き身分を証明しました。学校には警備員もいました。


 As I told you , America is really caring about terrorism and trying to prevent the disasters from happening. These are what we felt different from Japan. Thank you for listening.

お伝えした通り、アメリカはテロのことをとても気にかけていて、大惨事が起こるのを食い止めようとしています。



最後に
Through this project, we learned various differences between Japan and the United States, their goodness and the way of thinking. After this project,we are going to share the relationship between Japan and the United States to everyone by SNS.
私たちはこのプロジェクトを経験して日本とアメリカの様々な違い、またそれぞれの良さや考え方を学びました。帰国後の私たちは、今後の日本とアメリカの関係性についてSNSを通してみんなにシェアします。
今述べたことはほんの一部であり、実際に体験してみないとわからないような違いなどもまだまだありました。そのような違いを理解することは簡単なことではありません。何故なら、私たちは異なる背景や文化の中にそれぞれ生きているからです。しかし、それを"異文化"として見放すのではなく、自ら歩み寄っていく姿勢が大切だと私たちは考えています。勿論、中にはどうしても理解できないような違いもあります。その時は、相手の良さを見つけ、まずはそこを理解の一歩にすべきではないか、と考えました。
私たちの発表が何か意味のあるものになっていたら嬉しいです。


13:47
2017/11/18

カケハシプロジェクト報告

| by:editor

 【8日】

 成田空港に集合し、カケハシプロジェクトでニューヨークに向かいます。この事業は日本政府が高校生を派遣し、日本文化や日本の考えを海外の人々に理解してもらうことを目的としています。生徒は無料で参加できます。


 【9日】
 9日には日本総領事館に訪問する前、タイムズスクエアとロックフェラービルのまえでマンハッタンの雰囲気を味わいました。世界の情報発信地というのが実感できました。

 総領事館はマンハッタンの中心部に位置しています。領事館の仕事や日系企業の進出について説明がありました。そのあとは生徒の質問に答えていただき、外交官になるにはどうしたらよいか、国外投票はインターネットでできるのはなぜか、外交特権についてなど活発な質疑応答がありました。

 国連ビルに移動し、ランチを食べた後に国際連合のツアーに参加しました。

 テレビで良く見る安全保障理事会の会議室や総会が行われる会場の椅子に座ったりして、多くの生徒が興奮していました。たくさん撮った写真は記念になることでしょう。

 その後バスに乗って、住友商事のアメリカ支社に行きました。国際会議ができるような立派ない会議室で、住友商事がどんな事業を展開しているかについて、説明がありました。なんでも扱う商社として、食べ物からエネルギー事業までの興味深いプレゼンテーションでした。

 質疑応答の時間には和光国際の生徒からもたくさんの質問が出ました。将来の事業展開や新しい分野の開発、さらには人を見極めるには何が大切か、などという質問に、切れ味良く答えていただきました。将来を考えるきっかけになったのではないでしょうか。

  
  
    


【11日】

 かなり寒くなっています。朝は氷がはるほどです。

 午前はフェリーに乗ってエリス島を訪れました。ここは移民がアメリカに来るときに審査を受けた場所です。博物館を見学しました。

 その後に自由の女神のあるリバティーアイランドに行き、下段の部分に登りました。その大きさと威容に感動したようです。

 午後にはまたフェリーに乗って、ニュージャージーに戻りました。

 アイビーリーグの名門プリンストン大学を現地に入学した日本人の方に紹介してもらいました。マディソン大統領やアインシュタインが出身であることを学びました。

 またアメリカの大学の入試についても質問に答えてくれました。学業の試験であるSATはもちろんあるのですが、5つのエッセイを書いたりして、人間性も見られるということでした。あなたの好きなもの、楽器の演奏、ビジネスモデルなど様々なトピックがあります。ただし学費は年間700万にもなるそうです。

 卒業後は日本の企業からもたくさんの募集があるということです。
 

   
 
   

 

【12日】

 週末なので朝は少しゆっくりですが、やはりかなり寒いです。

 バスに乗ってマンハッタンを案内してもらいながら、ブルックリンの植物園を目指しました。

 現地では元ALTの方々が一緒の歩いてくれ、良い英語の練習になりました。

 その後は隣にある博物館を見学しました。ギシリャ様式の立派な建物です。中にはエジプトの発掘品や西洋画が展示されていました。

 午後には早めにホテルに戻り、振り返りをおこないました。全員が学んだことや気付いたことを付箋に書いて、明日の報告会に備えます。

 各グループごとに概要を発表したのですが、まさに文化の違いを興味深い観点から考えていて、明日の発表会が楽しみです。

 その後もみんな真剣に続けていて、教員が中止をさせたほどでした。


 もう残りの日もわずかとなり、「まだ帰りたくない」という言葉もちらほら聞かれます。


  
  
 

【13日】

 活動としては本日が最後になります。

 朝ホテルを出て、おなじホリデイイン系統のホテルに向かいました。ちょっと高級な感じです。朝のバスの中からみんなで自分のセリフを覚えたり、発音を確認したりしていました。


 成果報告会は在ニューヨーク日本総領事館の島田様をお迎えして行われました。まずはじめにお世話をしていただいた
YFUのアンジェラさんから全ての予想を上回るすばらしい生徒であるとお褒めの言葉をいただき、プレゼンテーションが始まりました。


 主な内容は以下のようなものです。

 異なる文化や人々がいる。

 銃の扱いが違う。

 日本の方が衛生状態がよい。

 日本の方が交通機関の信頼性やトイレの充実している。

 日本では優先席により高齢者の尊敬を現しているが、アメリカでは子供に優しい文化であると感じた。

 奨学金の返済が求められない。

 レストランでは店員と客が対等なのではないか。

 食料品店で表示が少ない。

 ホテルでも従業員があやまることはない。

  「いっらしゃいませ」などと一斉に言うことはなく会話がはじまる、

 スマイルの文化は日本にも取り入れたい。

  生徒が授業ごとに移動する。

  日本はルールが厳しいがアメリカでは寛容性がある。

  生徒が日本では自分で掃除をするというのは協力の気持ちが高まるの。2つの文化の利点を融合させることが必要。

 日本のサブカルチャーや協力の精神はとてもよいが、アメリカでは自分の意見を表明することに重点が置かれている。

 外国の企業がたくさん進出している。

 日本食は健康的なのでアメリカでも人気になっている。

 セキュリティが厳しいのは面倒でもあるが安心もできる。


 また違いだけでなく、共通性についても話し合いました。学生の生活や考え方は似ていたり、両国とも豊かな国に住んでいること、などが発表されました。


 アクションプランという今後の活動は、ホームページを通して、学んだことを発信することにしました。また学校でも、発表会を行うことも報告されました。


 発表を終えて、和光国際高等学校の生徒は読み書きだけでなく、話すことも断然優れているとの講評がありました。これはコミュニケーションに最も大切なことです。また総領事館の島田様からさらに本当に英語に敬語がないのか、なぜ銃が必要なのかなどについて、調査をしてみたらというアドバイスがありました。またカケハシが単なる橋渡しでなく、さらによい関係を作るために貢献することを期待するとおっしゃいました。

 昼食を食べた後はRutger Universityを訪問しました。アメリカでも建国よりも歴史のある大学です。大学制度や授業などについて質疑が行われました。バスで5つのキャンパスをまわった後、入学についての説明などを聞き、買い物とカフェで自由時間になりました。


 これでほぼ全てに日程を終えたことになります。夕食を食べて準備をし、明日の朝早く帰路につきます。


 
質疑応答では必ず手が上がる生徒の積極性と考えの深まり、そしてもちろん英語力も向上しているのがわかります。はじめは無料で行けるから応募した人もいるかもしれませんが、次第に全員が文化に違いに関心を持ち、海外で活躍する第一歩を踏み出すのにふさわしいツアーであったのではないでしょうか?将来にこの経験を生かし、立派な国際人となってもらえることを祈ります。


 
  
   

 


15:21