Read, See & Think
埼玉県立和光国際高等学校
                          〒351-0106 埼玉県和光市広沢4-1
                           TEL  048(467)1311   FAX 048(460)1018
                           Eメールでのお問い合わせはメニューの「問い合わせ先・地図」を
                           ご参照ください
サイトポリシー 
 

緊急連絡

現在は特にありません。
 
メニュー
和国ホームページへようこそ校長室より入試および学校説明会関係和国通信学科案内国際理解教育進路室より学力向上に対する取組図書館より保健室より和国民の活動(生徒会のページ)和国民の活動(部活動のページ)保護者あて配布文書(全校・各学年等)学校自己評価システムシート教員人事応募シートいじめの防止等について教科書選定・使用教科書について過去の出来事事務室より同窓会報問い合わせ先・地図
埼玉県教育委員会
事務室からのお知らせ
卒業証明書・調査書等の発行にはある程度の日数が必要です。メニューの「証明書の発行について」をご覧のうえ、日程に余裕を持って申請をお願いします。
 
あなたは2901921人目の方です。
since Dec.13, 2010
オーストラリアホームステイ ヤプーン
オーストラリアホームステイ ヤプーン
12
2019/08/27

2019 ヤプーン報告

| by editor
【報告①】

 7月27日
 本校で実施している海外研修に、オーストラリアのヤプーンでホームステイをさせていただくものがあります。
 州立のヤプーン高校と地域の大きな協力があり、実施させていただいているプログラムです。
 今年は7月25日から8月7日の2週間訪問させていただきました。

 26日にオーストラリアに到着し、ブリスベン郊外のLone Pine Koala SanctuaryやMt. Coot-thaなどを見学したあと、ヤプーンへ向かいました。
 埼玉を出発してから約1日かけていよいよホームステイ先のご家庭の皆さんと対面です。
 どんな滞在をしたのか報告させていただきます。(
今回のプログラムについては8月23日の学校説明会でも報告させていただきました。)
 
  
  
 


【報告②】

 7月29日
 それぞれのホームステイ家庭と過ごした週末を終え、本日はヤプーン高校へ初登校となりました。朝の点呼ではそれぞれの週末の様子や食事など、ホームステイの様子を聞くことができました。違いはあれども1人1人が充実したステイを過ごしているようです
 まずは高等部の集会で紹介をいただいたあとは日本語の先生からオリエンテーションを受けました、その後は7,8年生に校内見学をしてもらいました。まずは施設の一つである農場で餌をあげる体験をしました。その後は学校での「バディ(学校で行動を共にする生徒)」と授業に参加したり、昼食や休み時間を過ごしました。より多くの生徒と過ごせるようにと、できるだけ多くの「ハディ」を付けていただいています。

 写真は日本語の授業を参加しているところで、必要に応じて本校生徒がバディなどを手助けしています。明日からヤプーン小学校や別の学校との交流があるため、しばらくヤプーン高校の授業からは離れます。

  
  
  

【報告③】

 滞在中に別の学校に訪問をしますが、今年は例年同様に近隣のヤプーン小学校とSt. Ursulas Collegeを訪問させていただくことになりました。連続した2日間となります。

 7月30日
 ヤプーン小学校へ行きました。徒歩30分ほどの距離で、気温以上に日差しが強いためか上着を脱ぎ、袖もまくるほどです。小学校では6年生が他学年で行われる活動への案内をしてくれました。日本語を勉強していることもあって、少し照れながら「こんにちは」と声を掛けてくれる子たちです。内容は、紙でサムライや兜を作ったり、焼きそばを一緒に試食するものです。昼食時には追いかけっこをして楽しみました。最後はお世話になった6年生と折り紙をしました。小学校の生徒も、本校の生徒も楽しく過ごせたと思います。

  
  
  
 

 7月31日
 St. Ursulas Collegeに伺いました。ヤプーン高校から徒歩20分ほど離れた場にある女子校です。京都の姉妹校からの受け入れに加え、極力本校の訪問も受け入れてくださっています。buddyの授業に参加し校内見学のあとは、9年生の日本語の授業で、リクエストのあった広島や原爆の発表を行いました。発表のあとは「平」「和」という文字を折り鶴で作りました。鶴の折り方を訪問先の生徒に説明しながら。一緒に作りました。最後には11年生と日本語の口語表現を取り入れたスキット作りを行い、最終的に1分ほどの動画を収録しました。

  
  
  
  
  
 両日とも充実した訪問となりました。これもヤプーンという地域の皆さんと学校の協力があってです。本当にありがたいことです。

【報告④】

 8月1日  本日は本校生だけで校外学習に出かけました。ヤプーン高校からバスで先住民族の文化を学ぶ施設と動植物園を訪れました。 まずは先住民族であるアボリジニの楽器である、ディジュリドゥの演奏を聴きました。5つの口の形があり、ある程度上手になるには普通10年はかかるそうです。その次にはブーメランの実演を行わせていただきました。
 他にはこのクィーンズランド中心部でのかつての居住区域や歴史についての展示や、オーストラリアにどこから渡ってきたかなどの説明を受けました。


 動植物園ではまず昼食を取りました。ステイ先で準備していただいた昼食を取る生徒もいれば、売店で購入した生徒もいます。ここは鳥がすぐ側までやってきます。写真は カラフルな lorikeet という鳥ですが、こういう場にいるからか人に慣れており、貪欲です。
 
 ヤプーン高校に戻ってきたあとは、普段撮れそうでなかなか撮れない学校での集合写真。これまでは学校名の看板のある入り口で撮ることが多かったのですが、現在工事中で取り壊されていましたので、校名の入ったピカピカの建物の前で撮りました。 明日からは学校の授業に戻ります。週末を挟んで、埼玉県からの派遣の3名とも対面することになります。

  
  
  
   

【報告⑤】

 8月2日 

 本日は一日中、ヤプーン高校の授業を体験しました。

 まずはヤプーン高校での一日のスケジュールを紹介します。
 ヤプーン高校での一日のスケジュールは、1時間目の授業が始まる前にバディ(学校で行動を共にする生徒)が迎えに来てくれます。その後、生徒は別々の授業を受けることになっています。

1時間目は9:05―10:15、2時間目が10:15-11:25まであります。
その後、AM break
(午前の休憩)が11:25-12:05まであります。
この時間に間食をしたり、友人と歓談したりして休憩をとることができます。
AM break
の後に3時間目の授業が12:05-13:15までありますが、
その後PM break
が13:15-13:55まであります。
PM break
後に4時間目の授業が13:55-15:05まであり、その後放課になります。

 1日の授業時間数だけでなく、1時間の授業時間や休憩時間が午前と午後の2つある点が、本校の生徒にとっては新鮮で驚いたことの1つだったようです。



 次に授業の内容(日本語の授業)についてご紹介します。

 参観させていただいた日本語の授業は、教員の話を単に聞くというのではなく、生徒が他の生徒と積極的に言語活動をするという形態でした。まずクラスの皆で輪になり座ったあとに、自分自身についての2択の真偽問題のクイズを作ります。
 次に他の友人に日本語でそのクイズを出します。他の友人はそのクイズの問題文(日本語)を英語に書き換えてから、〇か×かを答えます。日本語の問題文を英語に書き換えることで、日本人の生徒にとっては英作文の練習になり、現地の高校生にとっては日本語のリスニング力のトレーニングになっていました。
 更に、クイズに答えることで自己紹介も併せてできるというものでした。クイズという遊びの要素を取り入れることで生徒はすごく楽しんでいるようでした。

 ヤプーンでの交流も残すところ月曜日が最後です。月曜日は、事前学習で練習してきたパフォーマンスを披露することになっています。現地の先生方や生徒の皆さんに喜んでもらえたらと思います。

  
  
  

【報告⑥】

 8月5日 
 本日はヤプーン高校への訪問最終日でした。
 全校集会で異文化交流プログラム修了の証明書を一人ひとり受け取った後に、本校の生徒によるダンスパフォーマンス
披露がありました。浴衣や鬼の仮面、道着を身に着けた生徒たちがキャリーパミュパミュの曲に合わせて踊ったりパフォーマンスをしたりしながら日本文化を紹介しました。少林寺拳法を見せたり、けん玉を披露したり、折り紙で作った手裏剣を観客に投げたり、と様々な工夫に凝らされた素敵なパフォーマンスでした。パフォーマンス前は緊張した面持ちの生徒でしたが、パフォーマンス後は現地の先生方や生徒から多くの拍手喝さいをいただき、生徒も達成感と充実感に満ちた表情をしていたように思います。


 午後は現地の小学生との交流があり、夜はホームステイ先の家族も交えた
farewell partyがあります。ホームステイ先の家族と過ごす時間は残りわずかなので有意義な時間を過ごしてもらいたいと思っております。

 

  
  
  
  
  


【報告⑦】

 8月6日
 5日の最後の授業では現地の小学生との交流、そして夜には
farewell partyがありました。

 現地の小学生との交流では、全校集会で披露したダンスを小学生に教えて一緒に踊ったり、サッカーボールとスポンジの棒を使ったオリジナルのゲームをしたりしました。

 farewell partyでは、ヤプーン高校の外国語科の先生方やホームステイ先のご家族のみなさんと一緒にバーベキューをしました。

 異文化交流プログラムが始まって間もないころは緊張した面持ちで英語を話すことにも自信のなさそうにしていた生徒が、このプロクラムを通じてどことなく自信と充実感に満ちた表情をしているように感じました。現地の人と楽しそうに英語を話す姿を目の当たりにして感慨深い気持ちになりました。

 このような素敵な経験を生徒ができたのもヤプーン高校の先生、ホームステイ先の家族、和光国際高校の先生方、そしてご家族の支援や助けがあったからだと思います。この場を借りて深く感謝の意を述べさせてください。ありがとうございました。

 この経験を糧に生徒には今後の高校生活を更に充実したものにしていってもらえたらなと思います。


 
  
  
  


17:05
2018/09/06

2018 ヤプーン報告

| by IT
【報告1】

7月26日(木)・27日(金)
ヤプーン組到着しました。

オーストラリアホームステイプログラムのヤプーンコースは、メルボルンコースよりも一足早く出発し、27日早朝にブリスベンに。空港近くのショッピングモールで休憩し、飛行機を乗り換えロックハンプトンへ、そこから更にバスに乗り、およそ24時間かけてヤプーンに到着しました。

到着すると、待っていてくれたホストファミリーとの対面式。自己紹介の後にホストファミリーの家に向かっていきました。

期待と不安、緊張の中での週末になりますが、有意義に過ごしてください。


 

 
  


 

【報告2】

7月30日(月)


ヤプーン高校へ登校しました。

休日をホストファミリーと過ごし、はじめてのヤプーン高校への登校日となりました。

午前中はオリエンテーションと校内の見学、午後はバディとともにバディが出席する授業に参加しました。

 
  



7月31日()


ヤプーン小学校を訪問しました。

ヤプーン高校で点呼の後、徒歩で約20分かけてヤプーン小学校を訪問しました。

小学校では、小学生の大歓迎を受けました。一緒に授業に参加したり、昼休みはグラウンドで走り回るなど、童心にかえって楽しめた一日となりました。

 

 
  

 報告3】

8月1日(水)・2日(木)

8月1日はヤプーン高校で一日を過ごし、8月2日は遠足に出かけました。
ヤプーンからバスでロックハンプトンへ向かい、ドリームタイムセンターとボタニックガーデンに行きました。
ドリームタイムセンターではアボリジニの歴史や文化について学習する施設で、アボリジニについての様々な説明を受けました。ディジュリジュと呼ばれる伝統楽器の演奏を聞き、ブーメランの試し投げなども楽しみました。



 
  


【報告4】
 
8月3日(金)

今日はヤプーン市内にあるカトリック系の女子校であるウルスラ高校に行きました。

ウルスラ高校では日本語の授業や体育の授業に参加しました。

昼休みのひとときに生徒がダンスを始めると、大きな人だかりができ大変に盛り上がりました。

 
  

【報告5】
 
8月6日(月)
土日をホストファミリーと楽しく過ごし、今日はヤプーン高校に登校する最終日になりました。
1,2限はバディとともに授業に 参加し、3,4限は地元の小学生をヤプーン高校に迎えて、ヤプーン高校生とともに交流を行いました。

また、夜にはフェアウェルパーティーを開いて頂き、ホストファミリーやヤプーン高校の先生方と楽しい一時をすごしました。


 

 
  


18:55
2017/08/09

2017 ヤプーン帰国報告

| by IT

 
『オーストラリア・ホームステイ帰国報告』


 720日から8月2日まで、オーストラリアホームステイプログラムが終了しました。本年度は、従来のヤプーンコースと新たにブリスベン近郊に滞在するコースの2方面を実施しました。

 皆さまもご存じのとおり、オーストラリアは只今季節は「冬」ですが、両コースともに年間を通じて比較的温暖な地域での滞在であったため、昼間は25度前後まで気温があがり、半袖でも過ごせたのですが、特にブリスベン近郊は朝夕は4度くらいまで下がることがあり、寒暖差が不安でしたが、体調を大きく崩す生徒もいませんでした。

 それぞれの訪問校のご協力を受け、生徒・教員全員が11日間のホームステイを行い、特に2回あった週末には、各家庭に様々な場所に連れて行っていただきました。帰国日前日は、両コースともにブリスベンに集まり同じホテルに宿泊し、オーストラリア最後の夜を過ごしました。往路便同様に復路便の手続きも比較的順調に進み、成田まで時間のフライトを終え、疲れた表情の中にも、充実した2週間を感じさせる姿が印象的でした。

 英語によるコミュニケーションが難しく感じることもあったようですが、異文化の中で臨機応変に行動し、1人1人がそれぞれ充実した研修となったようです。この経験が今後の糧となることを願っています。


  
  
  
  
  
  
  
  

18:53
2017/07/31

2017 ヤプーン

| by IT

『オーストラリアホームステイ』


 本校では夏休みの間の2週間、オーストラリアでのホームステイプログラムを実施しています。本年は7月20日から8月2日の期間で、Yeppoon State High SchoolとSt. Augustine's Collegeのご協力のもと、両校合わせ36名の生徒を今現在派遣しています。
 諸手続がスムーズに進み、21日にオーストラリアに入国しました。それから、それぞれ訪問校での授業に参加したり、小学校を訪問したりしています。また「文化発表」ということで、出発3か月前から練習してきた「ダンス」を全校集会で披露しました。また、授業参加と並んでこのプログラムの要であるホームステイ先での滞在を、参加生徒各々が楽しんでいることと思います。
 このプログラムは、訪問先の学校だけではなく、ホームステイの受け入れに協力いただいていた多くの家庭の協力があって成り立っています。滞在も残り少なくなりましたが、最後まで、文化や習慣が異なる場で、英語によるコミュニケーションを取る、人と人とのつながりを実感する貴重な体験をしてもらいたいと願っています。

  
  
  
  

18:52
2016/11/06

2016 ヤプーン報告

| by IT
[報告1]
7月22日 ヤプーン到着
 いよいよ出発です。羽田を出発し、シドニー、ブリスベンを経由します。
 
  
 
 ロックハンプトンに到着しました。ここから更にバスで1時間ほどかけてヤプーンに向かいます。
 
 
 ヤプーンに到着後、ヤプーン高校で対面式がありました。ホストファミリーとの緊張の初対面です。
 自己紹介ではオーストラリアの印象についてコメントするように求められましたが、皆、しっかりコメントできていました。ヤプーンの先生も皆が英語でしっかりと応答できていたことに驚いていました。
 対面式の後は、ホストファミリーの車でそれぞれの家庭へ向かっていきました。

  
 
 

[報告2]
7月25日 初めての授業
 ヤプーン高校での初登校の日になります。
 日曜日は海で泳いだり、乗馬をしたり、フェスティバルに連れていってもらったり、ショッピングに行ったりと、様々な体験ができたようです。英語での会話はやはり大変なようですが、それも楽しんでもらいたいものです。
 朝の集合の様子です。窓には歓迎のメッセージが貼られています。

  
 
 一時間目はオリエンテーション。日課や学校でのルールなどの説明があり、バディとの対面もありました。
  
 

 2時間目はスクールツアー。学校内の案内です。バディによって、グループごとに学校をまわります。ヤプーン高校には農場もあり、牛やポニー、豚や鶏などともふれ合いました。

  
 
 午後はバディと一緒に授業に参加しました。数学、歴史その他様々な授業に参加しました。皆楽しんでいたようです。ちなみにヤプーン高校は1時間が70分授業なので、1日4時間の授業があります。
 授業が終わると、迎えに来てくれたホストファミリーと一緒に帰っていきました。明日は近くの小学校での交流になります。


 
[報告3]
7月26日 ヤプーン小学校への訪問
 ヤプーン小学校に訪問しました。朝、ヤプーン高校に集合してから徒歩で小学校に向かいました。到着すると、すぐにグループに別れて授業に。様々なアクティビティに参加しました。

 巻き寿司を作っています。美術の授業です。
  
 
 外で玉入れのようなゲームをしました。アボリニジーのダンスを踊っています。

  
 
 昼食はホストファミリーに作ってもらったお弁当です。日本を伝える物が教室のいたるところにあります。
  
 

 最後に校門の前で記念撮影をしました。
 


 本校の生徒もヤプーンの小学生も、楽しい時間が過ごせたようです。充実した交流になったようです。


 
[報告4]
7月27日 ヤプーン高校での一日

 当初アボリジニー関係の行事が予定されていましたが、中止になったため、終日ヤプーン高校での授業に参加しました。
 午前中は、7年生、8年生の日本語の授業に全員で参加しました。日本では中学1年、2年に該当する学年です。ゲームやダンスなどを楽しみました。

  

 

午後は、バディが出席する授業に参加しました。
これは、英語の授業です。オーストラリアなのでむしろ国語の授業と言った方が適切でしょうか?シェークスピアについての授業でした。 
こちらは、演劇の授業です。
  
 
 
こちらは音楽の授業です。  農場の実習にも参加しました。 
  
 
 
[報告5]
7月28日 女子校に訪問
 ヤプーン市内にある私立の女子校に訪問しました。歩いて20分ほどのところにあります。学校に着くと、昨日と同じようにバディと一緒の授業に参加しました。

  
  
 
 全校集会にも参加しました。保護者も参加する全校集会で、集会後は軽食も振る舞われていました。
  
 
 
午後もまたバディと一緒に授業に参加です。
 


 最後に記念撮影ををおこないました。女子校の生徒がゲートを作って、お見送りしてくれました。
  
 
 
[報告6]
7月29日 遠足
 ロックハンプトンに遠足に出かけました。
 朝、学校で点呼を取った後に、バスでロックハンプトンに向かいました。

 まず、Dreamtime Sentreに行きました。アボリジニーに関しての歴史や文化を学ぶ施設です。白蟻がくり貫いた木を元に作られたという、デジュリィジュという伝統楽器の演奏や(正しく楽器名が書けた自信は全くありません)、ブーメラン投げ等を体験しました。

  
 

 

 午後はロックハンプトン市内にある、動植物園に行きました。コアラを見ることもできました。

  
 

 最後に学校の前で集合写真を撮りました。明日からは休日です。何をするのでしょうか?ホストファミリーとの交流が楽しみですね。
 
 
 
[報告7]
8月1日 ヤプーン高校で授業参加
 休日をホストファミリーと過ごして、今日からまた学校です。 
 1時間目は全校集会でした。集会の最初では、8月になり、我々も滞在しているということもあって、原爆に関するセレモニーが行われ、1分間の黙祷が捧げられました。次に、交換留学に関しての修了証が手渡されました。和国の生徒は返礼としてダンスを披露しました。練習の成果がでたようで、とてもしっかりと踊れていました。

  


 2時間目からは平常授業でした。バディとともに授業に参加しました。ちなみに、バディとは行動をともにしてくれるヤプーン高校の生徒のことです。ヤプーン高校の配慮で、本校生徒一人に対して、複数のバディが毎日交代で面倒を見てくれています。


 
[報告8]
8月2日 ヤプーン高校最終日 
 ヤプーン高校でお世話になる最後の日です。
 今日もバディと授業に参加です。日本語の授業です。来週長文読解の試験があるそうです。その対策をしています。

 
 
こちらも日本語の授業です。本校の生徒が読んだ原稿を英訳しています。
   
 
 4時間目は近隣の小学生の訪問もあり、全員が9年生の授業に参加しました。ダンスやゲームで楽しみました。

  
 
 
 4時間目はバディの授業に参加しました。
美術の授業でデッサンをしていました。
           調理実習をしていました。寿司を作っていました。
 


 4時間終了後、一旦下校したのちに、6時からFarewellパーティーを開いていただきました。
おいしいバーベキューとみんなの笑顔で一杯になったパーティーでした。

  
 
 
 

[報告9]
8月3日 ヤプーンを出発
 ヤプーンを出発しました。涙、涙のお別れでした。ヤプーンの皆さん、本当にありがとうございました。

  
  

 ロックハンプトンからブリスベンに向かいます。ブリスベンでは班別自由行動です。みなさんショッピングを楽しんだようです。

 

 

[報告10]

8月5日 いよいよ帰国
 朝、ホテルを出発してブリスベン空港に到着しました。この旅行もいよいよ最後です。
  
 
 
19時10分に、日本に到着しました。

 オーストラリアの人と自然はすばらしかったと思います。とてもよい経験ができたのではないでしょうか。この旅行を様々な面で支援してくださった保護者の方に感謝し、ぜひ成長という形て恩返をしていただければと思います。


18:50
12
2018 ヤプーン
2018 ヤプーン
2018/09/06

2018 ヤプーン

| by editor
【報告1】

7月26日(木)・27日(金)
ヤプーン組到着しました。

オーストラリアホームステイプログラムのヤプーンコースは、メルボルンコースよりも一足早く出発し、27日早朝にブリスベンに。空港近くのショッピングモールで休憩し、飛行機を乗り換えロックハンプトンへ、そこから更にバスに乗り、およそ24時間かけてヤプーンに到着しました。

到着すると、待っていてくれたホストファミリーとの対面式。自己紹介の後にホストファミリーの家に向かっていきました。

期待と不安、緊張の中での週末になりますが、有意義に過ごしてください。


 

 
  


 

【報告2】

7月30日(月)


ヤプーン高校へ登校しました。

休日をホストファミリーと過ごし、はじめてのヤプーン高校への登校日となりました。

午前中はオリエンテーションと校内の見学、午後はバディとともにバディが出席する授業に参加しました。

 
  



7月31日()


ヤプーン小学校を訪問しました。

ヤプーン高校で点呼の後、徒歩で約20分かけてヤプーン小学校を訪問しました。

小学校では、小学生の大歓迎を受けました。一緒に授業に参加したり、昼休みはグラウンドで走り回るなど、童心にかえって楽しめた一日となりました。

 

 
  

 報告3】

8月1日(水)・2日(木)

8月1日はヤプーン高校で一日を過ごし、8月2日は遠足に出かけました。
ヤプーンからバスでロックハンプトンへ向かい、ドリームタイムセンターとボタニックガーデンに行きました。
ドリームタイムセンターではアボリジニの歴史や文化について学習する施設で、アボリジニについての様々な説明を受けました。ディジュリジュと呼ばれる伝統楽器の演奏を聞き、ブーメランの試し投げなども楽しみました。



 
  


【報告4】
 
8月3日(金)

今日はヤプーン市内にあるカトリック系の女子校であるウルスラ高校に行きました。

ウルスラ高校では日本語の授業や体育の授業に参加しました。

昼休みのひとときに生徒がダンスを始めると、大きな人だかりができ大変に盛り上がりました。

 
  

【報告5】
 
8月6日(月)
土日をホストファミリーと楽しく過ごし、今日はヤプーン高校に登校する最終日になりました。
1,2限はバディとともに授業に 参加し、3,4限は地元の小学生をヤプーン高校に迎えて、ヤプーン高校生とともに交流を行いました。

また、夜にはフェアウェルパーティーを開いて頂き、ホストファミリーやヤプーン高校の先生方と楽しい一時をすごしました。


 

 
  


20:08 | 投票する | 投票数(5)