Read, See & Think
埼玉県立和光国際高等学校
                          〒351-0106 埼玉県和光市広沢4-1
                           TEL  048(467)1311   FAX 048(460)1018
                           Eメールでのお問い合わせはメニューの「問い合わせ先・地図」を
                           ご参照ください
 
メニュー
和国ホームページへようこそ校長室より
全国英語科・国際科高等学校長会過去の内容
平成25(2013)年度平成24(2012)年度平成23(2011)年度
入試および学校説明会関係和国通信学科案内国際理解教育進路室より学力向上に対する取組図書館より保健室より和国民の活動(生徒会のページ)和国民の活動(部活動のページ)保護者あて配布文書(全校・各学年等)学校自己評価システムシート教員人事応募シートいじめの防止等について教科書選定・使用教科書について過去の出来事事務室より同窓会報問い合わせ先・地図
お知らせ
「治癒報告書」 
 
「治癒報告書」の用紙を用意いたしました。
 
インフルエンザ等で「治癒報告書」の提出が
必要な方はこちらからダウンロードをお願い
します。
 
埼玉県教育委員会
事務室からのお知らせ
卒業証明書・調査書等の発行にはある程度の日数が必要です。メニューの「証明書の発行について」をご覧のうえ、日程に余裕を持って申請をお願いします。
 
あなたは2674009人目の方です。
since Dec.13, 2010
1学期終業式講話
校長室より:1学期終業式講話
 
 
平成25年度第1学期終業式講話
    
※今回、スライドを用いたプレゼンテーション形式での講話を行いました。
 
   
    

普通科と外国語科の2つの学科で新たにスタートした平成25年度、その第1学期が、滞りなく、無事に、終了します。この1学期間だけ振り返っても、君たち和国民は、エネルギーとパワーで明るくすばらしい活躍を見せてくれました。

和国民なら誰でも知っているように、本校が目指すもの、「目指す学校像」とは
「国際社会でリーダーとして活躍する有能な国際人の育成」   です。
この、国際高校としてごく当然な目標の実現に向けて、私は、今年度の本校教育の取組方針を策定し、様々な場面でそれを発信してきました。
保護者の皆様にも、「和光国際高等学校だより」「和国通信」などで、お知らせしてきました。
   
その第1番の柱としたのが「知徳体の充実」
です。
知徳体は、バランスのとれた人材育成を表す実に的を得た表現であり、新学習指導要領でも、「生きる力」とは「知徳体のバランスのとれた力」とされています。本校の体育祭の入場門にも書かれています。
  
本校の場合について、もう少し詳しく考えてみましょう。
知とは学力の向上であり、その学力とは、常に話しているとおり、テストの得点といった近視眼的な学力を表しているのではありません。
スライドに示すとおり、基礎的な知識、技能を習得した上で、様々な問題に対応し解決していく力のことであり、学ぼうとする意欲そのものも学力といえます。
  
そうした学力の向上のためjには、学習の最も基本となるべき授業を、さらに質の高いものにしなければなりません。それは、教える側の先生方の工夫と改善の努力であると同時に、学ぶ側の君たちの意欲ある取組も重要なことです。
  
「わかりやすい授業」:何もかも丁寧に教えてもらう授業から、
「もっと進みたくなる授業」:もっともっと知りたくなる、探求したくなる授業への質的な向上です
先生が書いた板書の文字をただひたすらノートに写す作業
指定された課題をこなす作業
に終始する授業態度から脱却して、
自分から、疑問を持ち、考え、答えを見つける態度を身に付ける場
としていくことが重要です。
  
さらには、言語活動を活用することも重要です。
スライドに示したような様々な言語活動は、本校ではいろいろな場面で行われ、私が「和の国文化」と呼ぶ、高いレベルの文化を形成しています。本校の誇るべき文化です。
   
また、国際人としての幅広い教養を提供している「和国アカデミア」も、目の前の入試対策としての勉強ももちろん重要なことですが、その枠にこだわらない、純粋に発見と感動の時間として君たちには、もっと参加してもらいたいと願っています。
   
知徳体の徳は、一言でいえば、豊かな人間性ということですが、それを本校にあてはめた時、私が和国民に期待することは「国際社会に生きる自覚とマナー」です。これからの先行き不透明、激動の時代を主役となって生きて行かなければならない君たちに求められるものは、社会の一員としての高い自覚と責任感、それに基づく目的意識です。
社会に貢献するという責任感、大学進学が最終ではない進路目標を持って、自分をごまかさず、自分にてれず、周りに流されず、是非、大きな、高い志を育てる和国民であってほしいと思います。
   
体は、単に体力づくりという意味ではなく、困難を乗り越える心身の力です。
勉強だけでは得られない実に多くの機会が、和国には用意されています。他とコミュニケーションしながら、様々な企画を作り上げていく機会は、これから生きていく際の大きな力となる経験になります。
   
明日からの夏休みは、今述べてきた知徳体すべての面を、自分で計画し、自分で向上させられる、すばらしい、しかし厳しい時間です自由に操れる時間を持つということは、君たちひとりひとりの充実度をそのまま映し出すということです。自分が持つ理想像と現実との差を冷静に分析し、その差をなくして理想に至るまでに何をすべきなのかを総点検し、日数での割り算をしていく科学的、客観的態度が必要です。
  
「自律」こそがキーワードです。
自分の行く方向を見定め、自分の置かれている座標軸を確認し、自分が何をすべきかを自分で決めることが何よりも重要です。
マララ・ユスフザイさんが16歳の誕生日を迎えた今月12日、国連(UN)本部で演説を行いました。
彼女は、パキスタンで女性の教育権を訴える活動を行い、昨年10月にイスラム武装勢力に銃撃されて頭部に重傷を負い、イギリスで治療を受け、奇跡の回復を遂げた人です。平和と人権のためには何者にも屈しない強さと深い人間愛に満ちたスピーチは、すべての人の心に深い感動と勇気を与えました。歴史に刻まれるであろう偉大なスピーチをした彼女が、16歳であること、彼女が願ってやまない平和と平等と教育の環境の中で私たちは生きていることを決して忘れず、君たちが「自律」への努力を続けることを期待しています。
 
 One day, one discovery.