Read, See & Think
埼玉県立和光国際高等学校
                          〒351-0106 埼玉県和光市広沢4-1
                           TEL  048(467)1311   FAX 048(460)1018
                           Eメールでのお問い合わせは、メニューの「問い合わせ先・地図」を
                           ご参照ください
 
学校説明会のご案内
第5回学校説明会のご案内
                           
 12月20日に第五回学校説明会を実施いたします。今回のテーマは 『高校入試~一年前の私・・・~です。詳細はこちらをご覧ください。
 
お知らせ
「治癒報告書」
                                 
「治癒報告書」の用紙を用意いたしました。インフルエンザ等で「治癒報告書」の提出が必要な方はこちらからダウンロードをお願いします。
 
埼玉県教育委員会
事務室からのお知らせ
卒業証明書・調査書等の発行にはある程度の日数が必要です。メニューの「証明書の発行について」をご覧のうえ、日程に余裕を持って申請をお願いします。
 
あなたは1049325人目の方です。
since Dec.13, 2010
第1回学校説明会挨拶
校長室より:第1回学校説明会挨拶    
  
  
 
第1回学校説明会挨拶 
    
 本日は、和光国際高校学校説明会へおいでいただき、誠にありがとうございます。これほど多くの皆様に御来校いただき、心より御礼申し上げます。
 本校の説明会は、今年5回を予定しております。本日は、その第1回目として、職員、生徒一同張り切っております。不都合やご不便な点がありましたらどうぞご遠慮なくお伝えください。今後の運営に生かしてまいります。
 本校は、昭和62年全国初の公立の国際高校として開校し今年で26年目を迎えています。「国際社会でリーダーとして活躍する有能な国際人の育成」を目指す学校像として、明確で実践的な教育を行ってまいりました。明確で実践的というのは、何を目指し、何に重点を置き、何をするのかががはっきりしているということです。
 本校教育の特色は、「和国通信」に書きましたので御覧ください。
 そこに書いた6つのポイントは、どれもその通りであり、解説を加える必要はありませんが、強いて言うなら、この中でも、本校ならではのポイントは、やはり、1、4、5ということになるでしょう。
 1の外国語教育については、県内をリードする学校としての自覚を持ち、先進的な取組を行っています。全県をリードするだけでなく、全国に発信しリードする学校にならなければならないと自覚しています。
また、4、5にあるように、本校は、名前が示すとおりの国際理解を推進する教育を提供しています。
 今、公立高校は、それぞれの特色化、個性化を進め、その学校ならではの独自の教育を進めています。その中でも、本校は、創立当初からの明確な方針、アイデンティティのもと、大変特色ある教育を推進しています。ですから、どの高校も同じと捉え、偏差値のみで学校を選ぶことがないようにすることが重要です。各学校が、個性化、特色化を打ち出すということは、言葉を変えれば、各学校に力を入れるところと入れないところ、得意と不得意、濃いと薄いがあるということです。今日こうして来られた皆さんのように、それぞれの学校の特色、個性を十分見極めて、その学校の良さを確認して、入学することが重要です。
 東日本大震災は、生きていることの重大さを私たちに突きつけ、絆、繋がり、助け合い、思いやりといった概念を再認識させました。国際社会もまた、我が国の復興に対して、大変温かな支援を送ってくれました。しかし、その国際社会は、一方で、我が国などお構いなく、変化し続けています。国際高校としての本校の使命と役割は、大きく重くなる一方です。
 本校教育の力点は、県教育長が常に話される学力向上です。そして、その結果としての進路実績の向上です。そのためには、授業の充実が最大の使命です。生徒は授業に全力で取り組み、教師は授業の内容充実、改善に努め、管理職は授業観察と指導助言に励む、こうした状況が、授業の充実を生み出すと考えています。私は、先生方に、「わかりやすい授業を」という指示をしていません。「もっと進みたくなる授業を」と話しています。先生が、淡々と話し、板書し、生徒は黙々とノートに板書を写す、という授業には、生き生きした学力の向上は望めないからです。
 また、高校の学びを越えた教養を提供する機会として、「和国アカデミア」という自由講座を今年から始めることにしました。「国際」「科学」「言語」「キャリア」といった分野での第一線の方々に、生の講演をしていただこうという企画です。
 もちろん、その上で、本校は、高校生活のもう一つの柱である学校行事部活動等にも力を入れ、生徒のパワーがいたるところで示されています。
 高校時代は、大人へ、社会へ、一歩近づく、社会的自立の前の大変重要な時期です。高い目標を持ち、達成のために努力し、共に高め合う仲間を作る大切な人生のステージです。
 「楽しいだけに終わらない高校生活」、「毎日何かを発見する、新たな何かに出会う生活」、そうした生活を送ってほしいという意味で、本校生には、私は常に
 One day one discovery と話しています。
 勉強、行事、部活動、ボランティア、どれにも全力を尽くす、それが和国生の特長であり力です。本日の説明会を参考にしていただき、皆さんも、和国民になっていただけたらと思います。