Read, See & Think
埼玉県立和光国際高等学校
                          〒351-0106 埼玉県和光市広沢4-1
                           TEL  048(467)1311   FAX 048(460)1018
                           Eメールでのお問い合わせはメニューの「問い合わせ先・地図」を
                           ご参照ください
 
メニュー
和国ホームページへようこそ校長室より入試および学校説明会関係和国通信学科案内国際理解教育進路室より学力向上に対する取組図書視聴覚保健室より和国民の活動(生徒会のページ)保護者あて配布文書(全校・各学年等)学校自己評価システムシート教員人事応募シートいじめの防止等について教科書選定・使用教科書について過去の出来事事務室より同窓会報問い合わせ先・地図
お知らせ
「治癒報告書」 
 
「治癒報告書」の用紙を用意いたしました。
 
インフルエンザ等で「治癒報告書」の提出が
必要な方はこちらからダウンロードをお願い
します。
 
埼玉県教育委員会
事務室からのお知らせ
卒業証明書・調査書等の発行にはある程度の日数が必要です。メニューの「証明書の発行について」をご覧のうえ、日程に余裕を持って申請をお願いします。
 
あなたは2398880人目の方です。
since Dec.13, 2010
標語(MOTTO)
本校の標語(Motto)
 

 
 Read, See & Think. (RST)
 
 読んで、見て、そして考えよ。  
 
 
 
 
1 読む(Read) 
 「読む」とは、多くの本を読み、多くの知識を得ることのみを意味
しない。「読む」とは、言葉を媒介として「意味するもの」と「意味されるもの」との関係を理解し、語・文・節・章・本の中で、「何が、どのように表現されているか」を学び知ることである。「読む」ことは“interpretation" することであり、欧米諸国の中・高等学校の国語・外国語教育の中で、"interpretation"が如何に重要視されているかは言うをまたない。   

2 見る(See) 
 「見る」とは、「読む」ことと同様に、視覚に入る全ての物の中に
「意味するもの」と「意味されるもの」との関係を知り、sign(記号)としての人・物・諸現象が「何を、どのように表しているか」を認知し、人・物・諸現象よりなる世界の真の姿を洞察しようとすることである。「人は見者にならなくてはいけない。」とは、こうした「見る」ことにかかわって言われた言葉である。   
  
3 考える(Think) 
 「考える」ことは、「読み」「見る」作業の中に既に含まれる。読み、
見て知り、行動することでわれわれの中に培われた経験という能力に基づいて考えるとき、初めてそれは真に考えることになるであろう。往々にして、読むことも、見ることも、十分にすることなくなされた一人の考えをもって「自分の考え」と言う者がいる。これは大きな誤りであるとともに、こうした考えには何ら発展性がない。