Read, See & Think
埼玉県立和光国際高等学校
                          〒351-0106 埼玉県和光市広沢4-1
                           TEL  048(467)1311   FAX 048(460)1018
                           Eメールでのお問い合わせはメニューの「問い合わせ先・地図」を
                           ご参照ください
 
メニュー
和国ホームページへようこそ校長室より
全国英語科・国際科高等学校長会過去の内容
平成25(2013)年度平成24(2012)年度平成23(2011)年度
入試および学校説明会関係和国通信学科案内国際理解教育進路室より学力向上に対する取組図書館より保健室より和国民の活動(生徒会のページ)保護者あて配布文書(全校・各学年等)学校自己評価システムシート教員人事応募シートいじめの防止等について教科書選定・使用教科書について過去の出来事事務室より同窓会報問い合わせ先・地図
お知らせ
「治癒報告書」 
 
「治癒報告書」の用紙を用意いたしました。
 
インフルエンザ等で「治癒報告書」の提出が
必要な方はこちらからダウンロードをお願い
します。
 
埼玉県教育委員会
事務室からのお知らせ
卒業証明書・調査書等の発行にはある程度の日数が必要です。メニューの「証明書の発行について」をご覧のうえ、日程に余裕を持って申請をお願いします。
 
あなたは2635670人目の方です。
since Dec.13, 2010
入学式式辞
入学式式辞
 
  
 
平成23年度 第25回入学式式辞
 
 桜が美しく開花し、若い命が成長、躍動する春がめぐってまいりました。この春の佳き日に、ご来賓、保護者の皆様のご臨席のもと、ここに平成二十三年度第二十五回入学式を挙行できますことは、教職員、在校生にとりましても大きな喜びであります。
 ただ今、入学を許可いたしました新入生の皆さん、入学おめでとうございます。在校生、教職員一同、皆さんを心から歓迎いたします。保護者の皆様方におかれましても、お子様のご入学、おめでとうございます。心よりお喜びを申し上げます。難関の入試を見事突破し、本校に入学することとなった新入生の皆さんの頑張りに敬意を表します。
 本日からわずか一か月にも満たない前の平成23年3月11日、我が国は、未曾有の大災害によって途方もない数の尊い命が奪われ、数え切れないほどの方々が今なお避難生活を送られています。亡くなられた皆様に心より哀悼の意を表するとともに、被災された皆様に謹んでお見舞いを申し上げます。このたびの大災害は、我が国の社会の土台を根底から揺るがし、私たちの暮らしに、かつてない規模の損害をもたらしました。
 しかしながらその一方、苦難の中から立ち上がる私たち日本人の強さ、優しさ、思いやりや助け合いの心、秩序と礼節という、私たちにとっては当然のこととして育まれた姿勢が改めて見直され、世界からも賞賛の声が寄せられています。世界中の人々からの暖かい支援のもと、日本が一つのチームとして団結し、復興に向けて必死に努力する姿は、協調を基盤とするこれからの国際社会のあり方を差し示す指標ともなるものです。
 国連の潘基文(パン・ギムン)事務総長やピースメッセンジャーからの日本に送られたメッセージの一部をここに紹介いたしましょう。

 I want you to know that you are not alone. You are in my thoughts and the thoughts of people everywhere,
as you work to rebuild your  lives following the tragic events of 11 March. We are standing by your side, and the international community is to ready to help you. We support you.

  「あなた方はひとりぼっちじゃありません。三月十一日の悲劇から生活を再建しようとしているあなたがたを、世界中が見守っています。そばにいて応援します。」というメッセージです。
 皆さんは、後生に残るこの歴史的出来事が起きてしまった年に和光国際高校に入学しました。夢と希望と期待に胸躍らせる皆さんの前には、輝く未来があり果てしない可能性が広がっているのと同時に、そこには、新しい日本、新しい国際社会を作っていくという大きな責任も存在することを忘れてはなりません。皆さんが、国際社会で活力を持って活躍する人材となるために、本校で多くを学び、多くの経験をし、強靱でしなやかな、たくましく感性豊かな人間へとさらに成長していくことを願っています。
 そのためには、高校生活の三年間を、ただ楽しいだけの時間にせず、一生懸命努力することによって、「何かを得た」と思える貴重な時間とすることが大切です。皆さんには、三つのことを心に留めてもらいたいと思います。
 第一は、高校生活の目標を持つことです。勉強、部活動、学校行事等、どんな分野であれ、目指すものを持つことが向上への原動力であり、時にくじけそうになった場面での強い支えになります。
 二つ目は、努力することです。一生懸命がんばること、必死の姿を見せることが、いつの間にか高く評価されない風潮が起きているように思えます。グローバルな観点を持つべき皆さんには、人間としてごく当然であるはずの「努力する」という姿勢を、本校で是非貫いてほしいと思います。
 最後の三点目は、ともに努力する仲間を作ることです。それぞれが自分なりの異なる目標を持ちながらも、ともに励まし合い、刺激し合い、時に諫め合う仲間は、生涯の宝となります。単なる仲良しを超えた、ともに高め合う仲間を作ってほしいと思います。
 保護者の皆様にもお願いいたします。高校生活は、社会へ巣立つ準備段階として、心身ともに様々なことに遭遇する時期です。どうか、お子様を常に温かく、時に厳しく見守っていただき、自立への階段を登らせていただきたいと存じます。本校職員も、お子様の成長と自立に向け、全力の限りを尽くす所存です。
 新入生の皆さんが、本校でグローバルな視点持ち、日本人としての誇りと自信を深め、国際社会で活躍する人材として成長していく姿を想像しながら、式辞といたします。
 
     平成23年4月8日
埼玉県立和光国際高等学校長 亀卦川 誠也