Read, See & Think
埼玉県立和光国際高等学校
                          〒351-0106 埼玉県和光市広沢4-1
                           TEL  048(467)1311   FAX 048(460)1018
                           Eメールでのお問い合わせは、メニューの「問い合わせ先・地図」を
                           ご参照ください
 
みづのき祭
みづのき祭
一般公開 9月6日(土) 9:30~15:00
皆様のご来場をお待ちしております
 
お知らせ
「治癒報告書」
                                 
「治癒報告書」の用紙を用意いたしました。インフルエンザ等で「治癒報告書」の提出が必要な方はこちらからダウンロードをお願いします。
 
埼玉県教育委員会
事務室からのお知らせ
卒業証明書・調査書等の発行にはある程度の日数が必要です。メニューの「証明書の発行について」をご覧のうえ、日程に余裕を持って申請をお願いします。
 
あなたは885772人目の方です。
since Dec.13, 2010
新着情報
 
イギリス研修報告6日誌
パブリックスペース
08/19 15:42
イギリス研修報告5日誌
パブリックスペース
08/19 15:41
イギリス研修報告4日誌
パブリックスペース
08/19 15:40
最近の出来事2014
12345
2014/08/19new

イギリス研修報告6

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri
イギリス研修報告6
    
 8月16日、今日は土曜日ですので、家族と過ごす生徒もいれば、ロンドンに出かける生徒もいました。ロンドンツアーの報告をします。
 最初に着いたのはバッキンガム宮殿です。偶数日は衛兵の交代はないのですが、ガイドさんの機転によって、騎馬警備兵の行進を見ることができました。全員で走りました。宮殿の歴史や意味の説明の後、写真を撮って、徒歩で国会議事堂、ビッグベンに行きました。突然姿を現した金色の建物に感動があったようです。その後はすぐ近くのウェストミンスター寺院を外から見学しました。また、バスに乗って、テムズ川を往復して、巨大観覧車のロンドンアイや議事堂を反対側から見ました。次にコベントガーデンに寄って、自由時間と昼食です。名物のパエリヤを頼んだ人や、イギリス料理以外のものを食べた人もいたようです。ここでは小さな屋台のような店が多く、お土産も買えました。集合して、今度は大英博物館です。まずみんなでロゼッタストーンを見学しました。その他にもアッシリアの彫刻や、ギリシャの装飾品、ミイラなどをガイドさんのわかりやすい説明とともに見てまわりました。最後に中心部であるピカデリーサーカスで自由行動をして、あっという間の一日が終わりました。
  
  
  

15:42 | 投票する | 投票数(0) | 行事
2014/08/19new

イギリス研修報告5

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri
イギリス研修報告5
   
 8月15日、授業は段々と本格的になって来ました。午前中はいつも英語の授業ですが、今日は討論の仕方などを学びました。結婚や喫煙などが法律で許される年齢をイギリスと日本で比較して、それについてどう思うか、などが話し合われました。イギリスでは家の中で保護者監督のもとでは5歳から飲酒が認められています。これは驚きだったようです。今日は社会福祉に関する大学教授の講義が午後にあるので、その準備も兼ねています。午後はウスター大学のPeter Unwin教授の講義を英国人生徒と聴きました。社会福祉に関してです。取り扱う問題は貧困、身体障害、高齢、危険な状況におかれた子供などです。講義だけで無く、討論もありました。まず生徒がケアハウスのマネージャだとたら、どんな人を優先させて入居させるか、について7人ほどのグループで意見をまとめました。日本人の生徒が理由とともに発表しました。イギリスの生徒は教授の話している中でも、手を上げて発言したりしていました。英国人にも難しいかもしれないという内容でしたが、イギリスの大学の授業がどのように行われるかを体験できる機会になったのではないでしょうか。  
 休憩の後は歩いて15分ほどのところにある博物館に行きました。ストラウドの歴史や生活がわかるような展示がされています。生徒は質問事項の書いてある紙を持ち、それを探しながら見て回りました。授業を手伝っている英国人学生も協力してくれました。
  
  
  

15:41 | 投票する | 投票数(0) | 行事
2014/08/19new

イギリス研修報告4

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri
イギリス研修報告4
  
 8月14日、授業は少人数制で数人に1人ずつネイティブスピーカーがついて教えてもらえます。全体的に英語の先生から説明があった後、グループでイギリス人生徒を司会として進んでいきます。補佐の生徒は13歳からいますが、辛抱強く答えをまったり、発話を促したりしていました。内容は昨日訪れたストラットフォードとシェークスピアに関するクイズや本日午後に行われるスポーツ交流について、文を読んで答えたり、プレゼンテーションを見たりしました。後半は午後に行われる、現地学生とのディスカッションの準備をしました。好きな動物や将来の夢などをどうやって聞くか、イギリス人の生徒に手伝ってもらいながらも、ノートに書き留めていました。
 昼食後は現地の学校に通う生徒と会話をしました。午前中に用意した質問を聞くだけでなく、相手の生徒からもたくさんの質問を受けていました。このセッションは1時間以上ありましたが、英語が途切れること無く、最後まで続きました。後半はスポーツ交流です。日本人3年生の指揮で国際体操をみんなでやり、4つのグループに分かれました。競技はリレー形式で、まずはスプーンの上に乗せたプラスチックの卵を落とさないように運ぶもの、続いて二人三脚、バドミントンのシャトルをつきながら往復、そして綱引きが行われ、大いに盛り上がりました。チーム対抗ゲームの後はバスケットボール、バドミントン、フリスビーでドッジボールのようにゲームをするドッジビーをやりました。この頃には英語で話すのに全く抵抗がないように見えました。
  
  
  

15:40 | 投票する | 投票数(0) | 行事
2014/08/15new

イギリス研修報告3

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri
イギリス研修報告3

 8月13日、今日から英国人の中・高校生が授業の補助をしてくれます。大人びて見える容貌に驚きの声が上がりました。最初のレッスンはイギリスの食べ物についてです。小さなグループに分かれてテーブルマナーの説明を受けたり、食品の名前や材料を現地の生徒に教えてもらいました。また実際にアップルパイやチョコレート、イギリス名物のマーマイトを試食しました。 授業の後半は、午後に訪問するストラットフォードアポンエイボンについて、文を読んで質問に答えたり、ここで生まれたシェークスピアに関して英語で学びました。このように、訪問をただの観光にせず、授業がつながるような工夫がされています。
 昼食後にはコッツウォルズの伝統を残した村々に向かいました。最初の目的地はスタントン。コッツウォルズでとれる石を使ったハチミツ色の建物が立ち並んでいました。村には店もなく、静かな佇まいを保っています。その後はスタントンのすぐ近くにあるブロードウェイを訪ねました。ここはやや観光客も多く、店が賑わいを見せています。次の目的地はシェークスピアの生家のある、ストラットフォードでした。狭い通路を通って、シェークスピアの生まれた家を見学しました。チューダー式の中世の家の中を見る機会はなかなかないものです。ストラウドから同行しているお手伝いのイギリス人高校生が熱心に解説してくれました。ギフトショップではシェークスピアの現代英語で書かれた本を買った人もいました。シェークスピアの墓のあるセントトリニティ教会も見学しました。
 途中雨に降られたりもしましたが、概ね暖かい気持ちの良い日でした。英語については少しずつ慣れてきたようで、手応えを感じている人もいるようです。
  


  
  


16:45 | 投票する | 投票数(0) | 行事
2014/08/14

イギリス研修報告2

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri

 イギリス研修報告2


 8月12日、こちらの気温はかなり低くて、上がっても20度くらいでしょうか。すっかり秋の気配で、みんな長袖を着るようになりました。
 午前中は2つのクラスにわかれて、英語の勉強でした。ストラウドのマーケットについて、写真を見ながら説明を受けたり、昨日の飛行機の旅を英語で表現したりとかなり本格的に授業になりました。並行して、2人ずつ面接テストも行われました。この結果によってクラスに別けられます。生徒のレベルはとても高く、面接の先生も驚いていました。
 午後はストラウド市内行きました。クラスの英語の先生の引率で、比較的小さな市内を歩きました。こじんまりしたお店や歴史のありそうな建物を見て、写真を撮りっぱなしになりました。そのあとは地域最大の都市、グロスターに向かいました。まず巨大な大聖堂を見学します。はるかななたに見える天井やそこに届くステンドグラス。現地ガイドの説明を英語で聞いて、またたくさんの写真を撮りました。ハイライトは何と言っても、映画ハリーポッターのロケで使われた回廊と中庭です。映画の役と同じポーズをしたりして満喫しました。その後の自由時間には、ピーターラビットで有名なビアトリックスポッターにちなんだお店に行って、この地グロスターを舞台にしたグロスターの仕立て屋という話の説明を聞きました。絵本と同じシーンが再現されており、これまた暖炉の前でポーズをとったりしていました。
 
  

  


12:20 | 投票する | 投票数(1) | 行事
2014/08/14

イギリス研修報告1

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri

イギリス研修報告1
 
 8月11日、イギリス研修の生徒がロンドンに到着しました。到着は豪雨に迎えられましたが、その後には晴れ間が見えて、また豪雨、という典型的なイギリスの天気です。長距離フライトの疲れも見せず元気にしていました。
 ヒースロー空港からストラウドまでは2時間以上かかりましたが、並木道の左右にイングランドの美しい風景が広がっています。ストラウドに到着後、開会式で挨拶がありました。明日から英語を教えてくれる先生と和光国際の教員、生徒代表がスピーチをしました。そのあとはいよいよホストファミリーとの対面です。かなり緊張している人もいたようですが、皆笑顔でファミリーの家に向かいました。  
 
 
12:18 | 投票する | 投票数(0) | 行事
2014/08/14

イギリス研修出発

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri
イギリス研修出発
 
 8月11日、イギリス研修へ30名の生徒が出発しました。出発前に成田空港で出発式を行い、リーダーの3年生のスピーチに続いて、集合写真を撮りました。保護者の皆さんも見送りに来てくださいました。
 これから12日間の行程で、コッツウォルズでホームステイと語学研修を行います。研修の成果は文化祭や学校説明会でご紹介します。
 
  
 

09:36 | 投票する | 投票数(3) | 行事
2014/08/11

関東地区高等学校英語教育研究協議会

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri
関東地区高等学校英語教育研究協議会
 
 8月8日、大宮ソニックシティで行われた関東地区高等学校英語教育研究協議会の埼玉大会で、本校の浅見伸裕教諭が埼玉の英語教員を代表して研究発表を行いました。ICT、特にグーグルアプリケーションを使用した本校での授業実践の報告とともに、会場で参加の教員が実際に体験する場もありました。参加者からは「わかりやすかった」「うちの県でも実施して見たい。」といった好意的な声が聞かれました。
 
  

21:10 | 投票する | 投票数(3) | その他
2014/08/05

イギリス研修保護者会

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri
イギリス研修保護者会


 8月1日、イギリス研修に参加する生徒の保護者会が行われました。今回の研修には、1年生から3年生まで、計30名が参加します。コッツウォルズでのホームステイと語学研修に8月11日に出発します。12日間の行程です。
 保護者会では、リーダーの3年生の生徒がスピーチをし、全員で現地での出し物を披露しました。
 
 

 


09:15 | 投票する | 投票数(1) | 行事
2014/08/05

3年英表ディベート オープンディベート

Tweet ThisSend to Facebook | by:kanri
3年英表ディベート オープンディベート


 外国語科の英語表現の授業で2年生から取り組んでいるディベートですが、3年生の1学期で最後となりました。今回は初めて論題を自分たちで選び、「日本は動物園を全て廃止すべきである」という論題に決まりました。授業では、今まで身につけた英語力、ディベートスキル、情報収集力を駆使し、自主的に立論を考え、アタックやディフェンスの準備もぬかりなく、本番では教員の期待以上のできばえで、勝敗を決めるのがどの試合も非常に困難なほどでした。
 その授業内ディベートでベストディベーターに選ばれた生徒が、7月18日、外国語科恒例のオープンディベート(公開ディベート)に出場しました。結果は、第一試合が肯定側に立った3-8チームが、第二試合は否定側に立った3-8チームが勝ちましたが、クラス内ディベート以上に勝敗をつけがたい試合となりました。
 以下、今までのディベートを終えての生徒の感想です。

 「ディベートによって、聞き取る力、読む力、短い時間で英語を理解する力、まとめる力など、一度にたくさんの力がついたと思います。」
 「こんなにディベートに力を入れている学校はあまりないと思うので、良い経験ができたと思いました。」
 「私のように英語を話すのが苦手な人でも、チームで助け合えればうまくいくと思います。」
 「ディベートを始めてから、普段ニュースを見ていても、自分でいろいろつっこみが出来るようになったと思います。この政策をしたら、こんなマイナスな面が出て、余計悪くなるだろうな、というように。」
 「ディベートによって身についたことは、物事を常に二つの側面から考えることだと思います。ある論題に対して、自分の立場の考えだけではその論題を本当の意味では理解できないと思います。グローバル化が進む今の世の中で大切なことは、広い視野を持つことだと私は思っているので、ディベートは自分の視野を広げるのにとても有益だと思います。」
 「ディベートをすることによって、本当にみんなの前で発言することができるようになります。私のように緊張しやすい人は、ディベートをやってみると成長できると思います。」
 「ディベートは1つのトピックに対してとことん考え抜くことができるので、とてもよい経験になります。何かを追求して深く考えて、しかも相手の意見を聞いて、それより自分の意見が正しいといえるだけの説明やデータが必要になります。実際やってみると本当に大変ですが、社会に出たときに必要な能力ばかりだと思います。ディベートは受験勉強にはあまり関係ないかもしれないけど、それ以上に自分自身の人生での学習になると思いました。」

 
  
  


09:15 | 投票する | 投票数(1) | 授業
12345